泉佐野市「#ふるさと納税3.0」のプロジェクトに参加しています

マガジン

泉佐野市のふるさと納税型クラウドファンディング「#ふるさと納税3.0」にむか新も参加させていただき、クラウドファンディングに挑戦しています!

創業130周年を迎えた2022年、むか新が全国の皆様に新たにお届けしたいのは、”笑顔”です。お菓子が出来上がったときの甘い香り、焼きたてパンの食感。ふれると思わず笑顔になる。そんな瞬間をお届けしたい。そんな思いから今回のプロジェクトを立ち上げました。創業の地・泉州地方の銘菓「むらしぐれ」とむか新の新ブランド「HUG BAKERY」の「焼きたてパン」を、つくりたての風味のままお届けするべく、急速冷凍機を導入するためのプロジェクト。口にしていただいた瞬間に”ほっこり笑顔”になっていただける、弊社自慢の逸品を皆様のもとにお届けできますよう、応援よろしくお願いいたします。

#ふるさと納税3.0プロジェクトページはこちらから

“出来たての味を瞬時に閉じ込める”泉州銘菓全国伝播プロジェクト
~創業以来130年。ずっと愛され続けてきた泉州郷土菓子「むらしぐれ」を全国のご家庭へ届けたい~

むか新は、むらしぐれ本舗として130年前に泉佐野で創業した菓子店です。
「むらしぐれ」は江戸時代から親しまれている泉州のsoul sweetsです。生餡に米粉・餅粉・砂糖のみを使ったお菓子は全国では珍しく、水茄子のように”泉州にむらしぐれあり”といわれるお菓子に育てたいと願っていましたが、ただ1点、むらしぐれの課題は生菓子の為、日保ちが1週間程度しかないという点でした。

この程、研究を重ねた結果、急速冷凍機を使用し、蒸し立てをすぐに凍結することで、蒸し立て時に感じられる小豆のアロマや生地のもちもち感を伴ったこしをそのままに保ち、常温で保管した場合と比べ、格段に高い品質でお客様のお手元にお届けすることができるとわかりました。
創業当時は、恐らく毎日売れる分だけの出来立てを製造・販売し、お客様は新鮮なむらしぐれの風味や食感を楽しまれていただろうと思いますが、最新の急速冷凍技術を活用することで、創業時本来の美味しさを全直営店舗のみならず、冷凍出荷で全国の方々に楽しんでいただくことが可能になったのです。

むか新創業130周年記念事業として、泉州のsoul sweetsむらしぐれを全国に広め、併せて2021年に開業した新規ベーカリー事業「HUG BAKERY」で大好評の食パンも、急速冷凍により焼き立ての風味のまま、出荷可能となるため、むか新の新旧人気アイテムを全国の皆様に楽しんでいただく機会とすべく急速冷凍の「むか新の蒸したてむらしぐれ」、「HUG BAKERYの焼き立て食パン」を返礼品ならびにECを通じて皆様にお届けします。

#ふるさと納税3.0プロジェクトページはこちらから

SHARE!

むか新の記事

マガジン

こがしバターケーキ

ほんのり甘くてシャリシャリしてる。フィナンシェでも、マドレーヌでもないやっぱりこれは“こがしバターケーキ”。 日本で本格...

マガジン

2022年10月5日(水) 大木地区稲刈り

ご連絡が遅くなりました。10月5日に無事、稲刈りが出来ました。様々な方にご協力いただき稲刈りに参加させていただいました。...

TOP マガジン 泉佐野市「#ふるさと納税3.0」のプロジェクトに参加しています