今年も美味しく仕上がりました 柏餅(和泉の国だより2021年4月号)

マガジン

縁起菓子・柏餅

端午の節句に欠かせない柏餅。形づくる手つきが神前でかしわ手を打つ姿に似ていることから「武運を祈願する」のにふさわしいとされ節句菓子として定着しました。柏の木は新しい葉が出ないと古い葉が落ちないため、子孫繁栄の願いを込め武家では庭に植えるならわしがありました。
縁起のよい柏餅は端午の節句に限らず、春に新たな門出を迎える方への差し入れにも最適です。

こだわりの生地

むか新の柏餅には、うるち米を「石臼杵搗き」という方法で製粉した上質な米粉を使用しています。また、歯切れのよさを引き出すため2種類の米粉をブレンドしています。
この米粉をつかって蒸し上げた生地は、一旦冷まして砂糖を加えます。
次に生地を搗き上げます。気温や湿度によって、搗く時間や強さが変わってくるため、一時も目が離せないデリケートな作業です。職人が付きっきりで生地の硬さ・弾力などを確かめながら仕上げていきます。

画像:むか新マガジン柏餅

こだわりの生地

画像:むか新マガジン柏餅

職人の業

こし餡の上品な甘さ

こし餡の小豆は、低農薬で大切に栽培された北海道十勝産のものだけを厳選。
むか新自慢の歯切れの良い生地に合うように、職人が固さや甘さなどを慎重に調整しながら心を込めて餡を炊き上げていきます。小豆の風味を残しながらもあっさりとした後味のこし餡に仕上げるには長年の経験と技術が必要です。むか新の職人でも限られた数人しかこの餡を炊くことができません。
新緑の季節に柏の香りとともに、この時期だけの味わいをお楽しみください。

画像:むか新マガジン柏餅
低農薬で丁寧に栽培された十勝産小豆

歯ごたえ味自慢の柏餅

十勝産小豆をあっさりとしたこし餡に炊き上げ、歯切れの良い生地で包みました。

柏餅

3個入/税込450

SHARE!

むか新の記事

マガジン

読むとさらに美味しくなる!?むか新 粒餡の秘密

低農薬の北海道十勝産小豆 餡の味は小豆の質によって大きく左右されると言われています。むか新で使用している小豆は、土づくり...

マガジン

羽曳野市「G-Grape Farm」小林さんの想いがつまったシャインマスカット

羽曳野市「G-Grape Farm」小林さん 羽曳野市にある「G-Grape Farm」のシャインマスカットの生産者小林...

TOP マガジン 今年も美味しく仕上がりました 柏餅(和泉の国だより2021年4月号)