包近(かねちか)の桃。袋かけ

包近の桃

「そろそろ桃の袋かけが始まります」。
と、お話をいただきゴールデンウィークが終わった5月7日に岸和田市の包近へうかがいました。

1ヶ月前は桃の花が満開でしたが、花落としや摘果され枝に数個の小さく実った桃がついています。

袋かけは、袋で桃の果実を包むことにより雨による傷やひび割れ、風によるこすれやへこみといった被害を防ぐことができ、高品質の桃を生育するのには欠かせない作業です。

1個だけ実っている桃にはそのまま袋をかけますが、

2個、3個と近くに実らせている桃は、袋かけの際に桃の状態や実っている位置(枝が風に吹かれて当たらないかなど)を見て1つだけ袋かけをおこない、他は摘果されます。
桃を少なくすることで、美味しさがその桃に集約されます。

こちらの畑は斜面にあるので、脚立に乗って行う袋かけの作業は一苦労だそうです。
また今年は、「カメムシが大量発生!」というニュースを耳にされた方もおられると思いますが、虫が多く発生しているそうで、虫の被害にあった実も目にしました。

もう一つの畑では、ちょうど袋かけの作業中でした。

袋の根元をギュッと閉じて外れないように袋かけをします。

桃の品種により、つかう袋を変えられているそうです。

袋かけをしても桃の実が中で外れてしまったり、虫や天候などで全てが出荷できる桃に育つわけではありません。

無事に美味しい桃が育つことを祈っています。

SHARE!

むか新の記事

大阪レモン

レモンの花が咲いています

レモンを育てていただいている、富田林市のおおきにアグリ さんから綺麗に咲いているレモンの花の写真をいただきました。 3月...

第3回夢のお菓子イラストコンテスト

第3回夢のお菓子イラストコンテスト 一次審査

第3回夢のお菓子イラストコンテストに沢山のご応募をいただき、ありがとうございます。 今回は、265点もの素晴らしい作品を...

TOP マガジン 包近(かねちか)の桃。袋かけ