稲の生育状況 田植えから95日目(9/10)

空がゴロゴロ鳴っている怪しい天気の中、田んぼに行ってきました。

横のうるち米の田んぼでは稲刈りが終わっていました。

さて、いろは蔵のもち米用の田んぼを見に降りてみると、

いい感じで実っています。

…と、思ったのですが

あれ?色づきが悪い箇所もあるぞ。

訪問後に、みんなのまちづくり隊の方にうかがってみると「穂が出る前の水不足が影響して、枯れが進んでいるところもあります。水不足は何かしら影響がでてきますね。ただ、稲穂が出てくる頃には水は絶対必要なので、(稲穂が出てから雨が降っていることは)まだ良かったかな。と思っています」。とのこと。

…そうだったのか。

田んぼに来て20分位すると、写真中央の奥の方に稲妻が光って豪雨になり帰社しました。
雨は降ってもらった方が良さそうです。

稲穂に実が入っているものもあるので稲刈りは行えそうですが、近々で田んぼにて打合せをする予定です。

SHARE!

むか新の記事

日本遺産日根荘

大木地区の苗の育成状況(田植えから29日目)

「今年は少し雨が多いですが、もう少し成長と梅雨の状況を見ないと中干しの日程などは分からないですね」。と、6月末に教えてい...

夏の厄除け 土用餅(和泉の国だより2024年7月号)

季節の節目 土用 「土用」とは、立春・立夏・立秋・立冬の前、約十八日間をさします。「万物は木火土金水の五つから成る」とす...

TOP マガジン 稲の生育状況 田植えから95日目(9/10)