ご先祖様のお迎え、お盆のお供えに…お迎え団子、ささぎ餅(和泉の国だより2021年8月号)

マガジン

ご先祖様のお迎えに お迎え団子

お盆の入り(八月十三日)に、ご先祖様の御霊をお迎えする際、「お迎え団子」をお供えします。お迎え団子には、ご先祖様の長旅の疲れを労う意味があるといわれています。(地方・宗派によっては、八月十二日からお供えすることもあります。)
当庵のお迎え団子は、黒胡麻餡とお団子を分けて仕上げております。餡の上には、より胡麻の風味を味わえるように、すった胡麻をかけております。
お供え後、餡とお団子をからめて、お召し上がりください。

ご先祖様のお迎えに お迎え団子

期間限定:8月12日(木)、13日(金)
当庵のお迎え団子は、黒胡麻餡とお団子を分けて仕上げております。
餡の上には、より胡麻の風味を味わえるように、すった胡麻をかけております。
お供え後、餡とお団子をからめて、お召し上がりください。

お迎え団子(5個入)

5個入/税込500

お盆のお供えに ささぎ餅

お盆の八月十四日、泉州では「ささぎ餅」をお供えする風習があります。 古くは「ささぎ」すなわち「ささげ豆」を餡に用いたともいわれ、また、ご先祖様に敬いの意味を込めて捧げる餅として、親しまれてまいりました。
もっちりと仕上げた生地には、佐賀県産肥沃米をつかい、瑞々しく炊き上げた北海道十勝産小豆の粒餡で包みました。
お盆の三日間だけお届けする、泉州ならではの素朴な味わいでございます。ご先祖様へのお供え物にぜひ、ご利用ください。

お盆のお供えに

期間限定:8月13日(金)~15日(日)
もっちりと仕上げた生地には、佐賀県産肥沃米をつかい、瑞々しく炊き上げた北海道十勝産小豆の粒餡で包みました。

ささぎ餅(3個入)

税込 450

SHARE!

むか新の記事

マガジン

2022年9月15日(木) 大木地区の稲の様子

田植えから、はや3ヶ月。大木地区に行ってきました。9月なのに全然涼しくなりません。当日も「暑いですね」。が挨拶でした。 ...

マガジン

2022年8月9日(火) 大木地区の稲の様子

「大木地区に全然雨が降っていません」。「みんなのまちづくり隊の方が田に水を運んでいます」。との連絡をいただき、これは少し...

TOP マガジン ご先祖様のお迎え、お盆のお供えに…お迎え団子、ささぎ餅(和泉の国だより2021年8月号)